多目的ローンとフリーローンは一緒?-呼び方の違いとローン

  •  
  •  
  •  

多目的ローンとフリーローンは一緒?-呼び方の違いとローン

多目的ローンとフリーローンは一緒?-呼び方の違いとローン

多目的ローンは、資金使途が自由なローンのことで、フリーローンとも呼ばれます。銀行のホームページでは、金融機関によって「多目的ローン」と書かれていたり、「フリーローン」と書かれていたりするので、別のローンであるかのように誤解してしまいそうですが、これらは同じ意味です。

これに対して、目的別ローンというものがあります。こちらは、資金使途が特定のものに限られているローンです。例えば、自動車ローン、住宅ローン、教育ローン、ブライダルローンなどがこれにあたります。みなさんご存知かと思いますが、一般に目的別ローンのほうがはるかに金利が低くなっています。目的別ローンには、住宅ローンや自動車ローンのように、購入した住宅もしくは自動車に抵当権を設定する「有担保型」と、教育ローンやブライダルローンのような「無担保型」があります。しかし、住宅ローンでも無担保型のものがありますし、厳密に決まりがあるわけではありません。

フリーローンにも、無担保型と有担保型がありますが、最近はほとんどが無担保型となっているように思います。また、連帯保証人が不要であるものがほとんどです。無担保・無保証であるので、完全にその人の「信用」だけを担保にお金を貸すことになります。また、目的別ローンのように「教育のため」とか「結婚資金のため」などと目的が限定されておらず、例えばギャンブルなどに使うことも自由です。そのため、貸す側としてはリスクが高いので、目的別ローンと比べて金利が高くなっており、同じ属性でも借りられる金額は低くなる傾向があります。

よく似た金融商品として、カードローンというものがあります。カードローンとの最大の違いは、限度額の枠内での追加融資が自由にできるかどうかという点にあります。カードローンでは、設定された限度額の枠の範囲内であれば審査なしで何度でも追加融資が行えます。一方、フリーローンでは一度借りたら後はそのお金を毎月返済していくだけとなります。追加融資を受けたい場合には、その都度審査を受ける必要があります。

このように、カードローンのようにいざという時に審査なしで借りられるわけでもないので不便であることは否めません。しかし、メリットもあります。それは、フリーローンでは一度お金を借りたら、後はただそのお金を返済していくだけなので、返済計画がシンプルになり、破綻のリスクが小さくなります。破綻のリスクが小さいので、カードローンと比べると金利がやや低く設定されていることも多く、カードローンよりも高い金額が借りられる傾向があります。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む

失敗しない!カードローン選びレッスン

申し込みに必要な情報を知りたい!

カードローン、キャッシングとは?初心者必見!


店頭だけじゃない!【来店不要】の申込みって?


得する返済・損する返済があるって本当?


メリットいろいろ♪少額借入を使いこなす!


【内緒でキャッシング】誰にもバレずに借りる!


銀行vs消費者金融!おすすめはどっち?

リアル体験談!実際はどうやって借りたらいい?

カードローンで借りてみた実際にカードローンで借りてみた!

レイクやみずほ銀行など、口コミでも評判のいいカードローンを実際に利用してきました♪申込みや審査、融資から返済に至るまでの全工程をレポートします!

人気記事

 
 

最新記事

メニュー

 
 

多目的ローンは、資金使途が自由なローンのことで、フリーローンとも呼ばれます。銀行のホームページでは、金融機関によって「多目的ローン」と書かれていたり、「フリーローン」と書かれていたりするので、別のローンであるかのように誤解してしまいそうです

2017カードローン|人気ランキング上位でも安易に借りるのは危険! All Rights Reserved.

全国カードローン人気 全国 整体
電気自動車について 絞り優先AE