多目的ローンを利用するための条件について知りたい!

  •  
  •  
  •  

多目的ローンを利用するための条件について知りたい!

多目的ローンを利用するための条件について知りたい!

多目的ローンの多くは無担保で借入できます。
20歳以上で仕事を持っていることが借りるための最低限の条件です。
クレジットカードは未成年でも契約できるものが多いですが、キャッシングやカードローンは原則として20歳以上となります。
未成年の方がクレジットカードと同じ感覚で申込もうとしても、審査で落とされてしまうので注意しましょう。

多目的ローンが融資条件として掲げるのは安定収入です。
これは必ずしも年収が高いという意味ではありません。
年収100万円くらいの方で借りている方も大勢います。
融資条件に年収300万円以上などと明記している場合は別ですが、何も記載していない場合は年収がそれほど多くなくても借りられるはずです。
融資対象にパートやアルバイト、派遣などの方が含まれていれば、非正規の方に対応しているので年収条件はそれほど厳しくありません。
パートで働く主婦の年収は、200万円以下の方が圧倒的に多いのです。
そのため、100万円台でも借入できると考えていいでしょう。
ただし、年収と借入可能額は比例すると考えておく必要があります。
銀行融資は総量規制の対象外ですが、年収で融資額を決めることが多いです。
消費者金融や信販会社などは、総量規制による貸付制限があります。
借入できる上限は年収の3分の1以内なので、現在の年収を考慮して希望額を決めましょう。
審査に通過するには、なるべく希望額を少額に抑えておくことです。
総量規制の範囲内が安全ラインではありません。
年収450万円で借入できる上限は150万円ですが、実際の融資額は30万円からスタートすることもあります。
高額を借りようという頭があると審査に落ちやすいので、必要な額だけを借りるようにしましょう。

多目的ローンの審査では、他社借入状況もチェックされます。
他社のことは嘘をついてもわからないと考える方もいるでしょうが、個人信用情報を閲覧されると丸分かりです。
嘘は通用しないので、審査では本当のことだけ記入しましょう。
お金の貸し借りは互いの信用の元に成り立っているのです。
信用を失墜させる行為は自分のためにもなりません。
本来は借入できるはずなのに、審査で落とされてしまう可能性もあります。
信用力を高めるためには、借りたお金を確実に返済することが大切です。
至って当たり前のことですが、これをしっかりと繰り返してきた方は信用力が上がっていきます。
過去の利用条件がよければ、審査にも通過しやすくなるのは当然なのです。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む

失敗しない!カードローン選びレッスン

申し込みに必要な情報を知りたい!

カードローン、キャッシングとは?初心者必見!


店頭だけじゃない!【来店不要】の申込みって?


得する返済・損する返済があるって本当?


メリットいろいろ♪少額借入を使いこなす!


【内緒でキャッシング】誰にもバレずに借りる!


銀行vs消費者金融!おすすめはどっち?

リアル体験談!実際はどうやって借りたらいい?

カードローンで借りてみた実際にカードローンで借りてみた!

レイクやみずほ銀行など、口コミでも評判のいいカードローンを実際に利用してきました♪申込みや審査、融資から返済に至るまでの全工程をレポートします!

人気記事

 
 

最新記事

メニュー

 
 

多目的ローンの多くは無担保で借入できます。 20歳以上で仕事を持っていることが借りるための最低限の条件です。 クレジットカードは未成年でも契約できるものが多いですが、キャッシングやカードローンは原則として20歳以上となります。 未成年の方が

2017カードローン|人気ランキング上位でも安易に借りるのは危険! All Rights Reserved.

全国カードローン人気 全国 整体
電気自動車について 絞り優先AE