多目的ローンとカードローンの違いは?-特徴を徹底比較-

  •  
  •  
  •  

多目的ローンとカードローンの違いは?-特徴を徹底比較-

多目的ローンとカードローンの違いは?-特徴を徹底比較-

金融機関が提供する多目的ローンがありますが、このローンがどのようなローンであるか説明してゆきます。
多目的ローンは無担保で、金融機関ごとに決められた上限まで何度でも利用可能なローンで、自動車購入から生活家電の買い替え、冠婚葬祭や急なお付き合いまで、どのようなシーンでも利用が可能なローンです。
大抵の金融機関で上限を300万円に設定し、返済期間は7年以内となっています。
金融機関によって異なる金利体系ですが、4%から15%までが多く、返済方法は元利均等方式(ボーナス併用可)となっています。
月末までに契約者本人の金融機関口座から引き落としとなり、残金に対して翌月締日までを1月計算として利息付加となり、返済とします。
申し込みは、他の金融機関や消費者金融で現在返済中の借り入れがなく、満20歳以上で安定した収入がある人であれば利用可能で、審査も金融機関独自の方法でスピィーディーです。
金融機関のローンの概念にキャッシュカードにローン機能を搭載したものがあり、これをカードローンといいますが、同様の概念として存在し、目的を選ばず利用可能ということも同様です。
カードローンとの違いは、金利体系や限度額などにあり、他社での借り入れに対する返済や事業資金等の目的、投資準備金などには使えないなどの貸し出し条件を設けている金融機関も多いです。
保証人不要でありながら、保証会社の設定が必要になり、保証会社の審査により保証されることを目的として貸し出しとなります。
保証人の代わりに保証会社が保証するということになります。
返済不履行となると、保証会社から金融機関に残高の返済が実行され、移行した残高を保証会社を相手に返済が切り替わります。
保証会社は、金融機関がグループが傘下に置く消費者金融であることが多く、金融機関は保証会社に一定の保証料を支払うことで保証人代わりとしています。
生活の中では様々なシーンでお金が必要となり、毎月の収入で日常生活が送れても、急な出費に対処することが難しいことがあります。
ただ、多目的ローンを契約しておけば、すぐに必要なお金を自由に利用でき、事前にカスタマイズした返済計画で生活に負担なく返済が可能となるため、ゆとりある生活設計が可能となります。
他のローンと同様に借り入れ元本に利息を付加して返済が求められるため借り入れには十分な返済計画が必要で、収入とのバランスをしっかりと計算しておかなくてはいけません。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む

失敗しない!カードローン選びレッスン

申し込みに必要な情報を知りたい!

カードローン、キャッシングとは?初心者必見!


店頭だけじゃない!【来店不要】の申込みって?


得する返済・損する返済があるって本当?


メリットいろいろ♪少額借入を使いこなす!


【内緒でキャッシング】誰にもバレずに借りる!


銀行vs消費者金融!おすすめはどっち?

リアル体験談!実際はどうやって借りたらいい?

カードローンで借りてみた実際にカードローンで借りてみた!

レイクやみずほ銀行など、口コミでも評判のいいカードローンを実際に利用してきました♪申込みや審査、融資から返済に至るまでの全工程をレポートします!

人気記事

 
 

最新記事

メニュー

 
 

金融機関が提供する多目的ローンがありますが、このローンがどのようなローンであるか説明してゆきます。 多目的ローンは無担保で、金融機関ごとに決められた上限まで何度でも利用可能なローンで、自動車購入から生活家電の買い替え、冠婚葬祭や急なお付き合

2017カードローン|人気ランキング上位でも安易に借りるのは危険! All Rights Reserved.

全国カードローン人気 全国 整体
電気自動車について 絞り優先AE