多目的ローンは年収の何割くらいまで借りる事ができますか?

  •  
  •  
  •  

多目的ローンは年収の何割くらいまで借りる事ができますか?

多目的ローンは年収の何割くらいまで借りる事ができますか?

多目的ローンとは、主に銀行が提供している金融商品です。銀行によってはフリーローンという名前になっていることもあります。カードローンとの違いは、カードローンでは限度額の枠内なら自由に追加融資が出来るのに対して、多目的ローンではそれができないということです。つまりは、通常のローンと同様で、一度お金を借りたら後は毎月決まった金額を返済していくだけとなります。

さて、消費者金融では総量規制がかかるので、年収の3分の1を超える融資が受けられないということは有名です。銀行は総量規制の対象外ですので、年収の3分の1を超える融資を受けても法律には違反しません。銀行の多目的ローンはいったいいくらくらいまで借りることができるのでしょうか?

住宅ローンでは、返済比率という基準があります。これは、年収のうち、借金の年間返済額がどのくらいを占めているかを表す数値です。住宅ローンにおける返済比率の理想は、25%以下と言われています。これはあくまで理想であり、住宅ローンを余裕をもって返済できるには25%にしておくべきだということです。実際には、これよりも多くの金額を借りることができます。金融機関によっては、返済比率が40%を超えていても借りられることもあるようです。しかし、お金を借りられることと、きちんと返済できるということは違いますので、理想の返済比率よりもはるかに高い金額を借りてしまうと、返済が大変になることが予想されます。多目的ローンでも、この返済比率の基準は参考になります。

返済比率の基準は、収入によっても異なってきます。例えば、年収1000万円の人が年間500万円の借金を抱えていたとしましょう。この人は返済比率が50%となっているので、とても負担が大きいように思えます。しかし、まだ500万円も自由に使えるお金が残っているので、うまくやりくりすれば破綻のリスクは小さいといえます。もちろん、高収入を得ている人は生活レベルも高く、子供の教育費などにも多くのお金をかけているので、生活レベルを下げることは屈辱的と感じるかもしれませんが、そういったことを我慢すれば返済はしていけます。一方、年収500万円の人が年間250万円の借金を抱えていたとするとどうでしょうか?この人は自由に使えるお金は250万円しかありません。独身ならばなんとかなりそうですが、家族を抱えていたらかなり厳しい生活になってしまうでしょう。

結論としては、収入のうちで何割まで借りられるか?というよりも、それぞれの生活レベルや収入に応じて、無理のない借金をすることが大切だということになります。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む

失敗しない!カードローン選びレッスン

申し込みに必要な情報を知りたい!

カードローン、キャッシングとは?初心者必見!


店頭だけじゃない!【来店不要】の申込みって?


得する返済・損する返済があるって本当?


メリットいろいろ♪少額借入を使いこなす!


【内緒でキャッシング】誰にもバレずに借りる!


銀行vs消費者金融!おすすめはどっち?

リアル体験談!実際はどうやって借りたらいい?

カードローンで借りてみた実際にカードローンで借りてみた!

レイクやみずほ銀行など、口コミでも評判のいいカードローンを実際に利用してきました♪申込みや審査、融資から返済に至るまでの全工程をレポートします!

人気記事

 
 

最新記事

メニュー

 
 

多目的ローンとは、主に銀行が提供している金融商品です。銀行によってはフリーローンという名前になっていることもあります。カードローンとの違いは、カードローンでは限度額の枠内なら自由に追加融資が出来るのに対して、多目的ローンではそれができないと

2017カードローン|人気ランキング上位でも安易に借りるのは危険! All Rights Reserved.

全国カードローン人気 全国 整体
電気自動車について 絞り優先AE