多目的ローンの利率は?キャッシングやカードローンとの比較

  •  
  •  
  •  

多目的ローンの利率は?キャッシングやカードローンとの比較

多目的ローンの利率は?キャッシングやカードローンとの比較

多目的ローンは担保が不要のため、目的ローンと比較して利率がやや高くなっています。
キャッシング、カードローン、フリーローンなどはいずれも多目的ローンですが、利率は年利で5%~20%程度に設定されています。
大手の場合は上限を18%にしていることが多く、個人運営の街金と比較して2%くらい低金利です。

利率は借入額にも左右され、高額の借入になるほど低金利になるのが普通です。
10万円だと18%、100万円だと15%、200万円だと12%といった感じです。
5%などの超低金利で借りるためには、該当するローンの限度額まで借りないと厳しいです。
信用力や過去の利用実績も金利に影響しますが、一番影響するのはやはり借入額なのです。

キャッシングとカードローンを比較すると、後者のほうが若干金利が高くなっている場合があります。
フリーローンはさらに低金利ですが、これは借りすぎに陥りにくいためです。
キャッシングやカードローンは、利用枠内で繰り返し利用できるメリットがある反面、ついつい借りすぎてしまいがちです。
借りすぎると返済が厳しくなり、業者から見て回収率の低下につながるのです。
それに対してフリーローンは、追加融資を受けたいときはその都度審査を受ける必要があるのです。
利便性でやや劣っていますが、それゆえに借りすぎに陥りにくく、金利も低く抑えられているのです。

回収率は金利に大いに影響し、それは貸付対象者を見るとよくわかります。
公務員や大手会社員をターゲットにしたVIPローンは低金利でしょう。
回収率が高い利用者には、低金利で貸出しても利益が出やすいからです。
審査が簡単とか、職業や雇用形態を問わずに借入できるローンは金利が高めになっています。
ただし、利息制限法による縛りがあるので、グレーゾーンでの貸出しになることは現在ありません。
昔はグレーゾーン金利での融資が黙認されていたので、消費者金融や信販会社の利率は非常に高かったのです。
年率29.2%という今では考えられない高金利で貸出している業者もありました。

多目的ローンで最も低金利なのは、不動産などの担保で借りるローンです。
担保を設定するので、業者としても回収不能になるリスクが低いからです。
ただ、どのような多目的ローンにも言えますが、目的ローンと比較すると金利は高めです。
住宅ローンや自動車ローンだと3%などの超低金利も普通に見られますが、目的ローンでは低くても5%くらいです。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む

失敗しない!カードローン選びレッスン

申し込みに必要な情報を知りたい!

カードローン、キャッシングとは?初心者必見!


店頭だけじゃない!【来店不要】の申込みって?


得する返済・損する返済があるって本当?


メリットいろいろ♪少額借入を使いこなす!


【内緒でキャッシング】誰にもバレずに借りる!


銀行vs消費者金融!おすすめはどっち?

リアル体験談!実際はどうやって借りたらいい?

カードローンで借りてみた実際にカードローンで借りてみた!

レイクやみずほ銀行など、口コミでも評判のいいカードローンを実際に利用してきました♪申込みや審査、融資から返済に至るまでの全工程をレポートします!

人気記事

 
 

最新記事

メニュー

 
 

多目的ローンは担保が不要のため、目的ローンと比較して利率がやや高くなっています。 キャッシング、カードローン、フリーローンなどはいずれも多目的ローンですが、利率は年利で5%~20%程度に設定されています。 大手の場合は上限を18%にしている

2017カードローン|人気ランキング上位でも安易に借りるのは危険! All Rights Reserved.

全国カードローン人気 全国 整体
電気自動車について 絞り優先AE