多目的ローンは担保がないと借りられない?

  •  
  •  
  •  

多目的ローンは担保がないと借りられない?

多目的ローンは担保がないと借りられない?

多目的ローンのほとんどは無担保で借りることができます。
一般的に多目的ローンと呼んだときは、キャッシングやカードローンなどを指しています。
多目的に使えるのが特徴ですが、必ずしも用途不問とは限りません。
おまとめや事業資金には使えない場合もあるので、完全に用途不問のローンのほうがさらに幅が広いと言えます。

ほとんどの多目的ローンは、担保を必要としていません。
住宅や家、土地などが必要ない代わりに、個人の信用力を問われます。
20歳以上で安定的な収入があることが条件なので、無職の方は借りることができません。
学生ローンも20歳からとなり、基本的に18歳や19歳などの未成年は借りられないのです。
未成年を不可とする理由は、自身で責任を取れる年齢でないためです。
そのため、未成年に対応しているローンは、保護者の同意が必須となるものが多いわけです。

無担保で借りられるローンは、非常にお手軽に思えるかもしれません。
不動産などを用意する必要がないので、審査から借入までがスピーディーです。
ただ、金利は高めに設定されてしまうのが現状です。
金利とは業者が考えるリスク度でもあります。
回収しやすいローンだと低金利で貸出しても利益を得られるでしょう。
その反面、利用者が返済不能に陥る可能性が高いローンは高金利に設定されているのです。
近年のキャッシングやカードローンは審査が厳しくなったと言われていますが、この理由は金利の引き下げによるものです。
昔は年率29.2%のローンもありましたが、今は最高でも20.0%となります。
かなり低金利化しており、その分だけ業者の利益は減っています。
それゆえ、審査を厳格にして融資対象を絞っているわけです。

多目的ローンには、一部に有担保タイプもあります。
不動産を有している方は、こちらのタイプのローンを利用したほうがお得になります。
年率が低く抑えられていますし、限度額も高額に対応しているのです。
さらに総量規制の対象とならないので、年収の3分の1の貸付制限を受けません。
高額の融資を受けると利息も大きくなるので、利息を節約するためにもおすすめなのです。
確実に返済する自信があるなら、担保を設定しても問題ないはずです。
低金利で借りることは、利息という手数料を減らすことなのです。
毎月の返済額の負担軽減、さらに完済までの支払総額の圧縮となります。
多目的ローンを選ぶときは、自分にとって最もお得と思われる商品を選びましょう。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む

失敗しない!カードローン選びレッスン

申し込みに必要な情報を知りたい!

カードローン、キャッシングとは?初心者必見!


店頭だけじゃない!【来店不要】の申込みって?


得する返済・損する返済があるって本当?


メリットいろいろ♪少額借入を使いこなす!


【内緒でキャッシング】誰にもバレずに借りる!


銀行vs消費者金融!おすすめはどっち?

リアル体験談!実際はどうやって借りたらいい?

カードローンで借りてみた実際にカードローンで借りてみた!

レイクやみずほ銀行など、口コミでも評判のいいカードローンを実際に利用してきました♪申込みや審査、融資から返済に至るまでの全工程をレポートします!

人気記事

 
 

最新記事

メニュー

 
 

多目的ローンのほとんどは無担保で借りることができます。 一般的に多目的ローンと呼んだときは、キャッシングやカードローンなどを指しています。 多目的に使えるのが特徴ですが、必ずしも用途不問とは限りません。 おまとめや事業資金には使えない場合も

2017カードローン|人気ランキング上位でも安易に借りるのは危険! All Rights Reserved.

全国カードローン人気 全国 整体
電気自動車について 絞り優先AE